外食が多い人はコレに気をつけて

仕事の都合や付き合いで外食が多くなってしまうことがありませんか。

体に悪いものはおいしいといわれることがあるけれど、おいしい外食ばかり食べていると体に悪そうですよね。健康に気をつけなくちゃと思っても外食になってしまうことがあると思います。

そんなときでも、ちょっと気をつければ大丈夫です。外食が多い人に気をつけて欲しいことは3つあります。

1つめは脂肪過多です。脂肪過多は肥満や動脈硬化などのリスクを高めます。

お昼ご飯がラーメン、牛丼、ハンバーガーなど単品メニューになっていませんか。こういった食事は脂肪過多です。ファストフードでハンバーガーとフライドポテトを食べると、脂肪摂取量は30gほどにもなってしまいます。アップルパイ、シェイクなど他のものも食べたり飲んだりしますよね。

そうすると、さらに脂肪摂取量が増えます。これでは脂肪過多です。

気をつけて欲しいことの2つめは野菜不足です。
1日の野菜摂取目標量は何グラムか知っていますか。野生摂取目標量は、1日350g以上です。しかし、各世代で目標量に達していなくて野菜不足になっています。

野菜なんておいしいくない、食べなくてもいいと思っていませんか。でも、野菜は栄養があるんですよ。
野菜には、ビタミン・ミネラル・食物繊維が多く含まれています。ビタミンとミネラルは体のバランスを整えてくれます。

食物繊維には、糖や脂肪の吸収を穏やかにする、水分を吸って便のカサを増やす、腸を刺激して大腸の働きを活発にする、不要なものをからめとって便と一緒に排泄するなどの働きがあります。

一緒に食べた脂肪の吸収を抑制してくれるので、脂肪過多の人は野菜をたくさん食べることがおすすめです。
でも、脂肪過多の人に限って野菜不足なのですよね。
野菜不足
気をつけて欲しいことの3つめは塩分過多です。外食はいろいろな人がおいしく感じられるように、少し味付けが濃くされています。だから、外食ばかりになると塩分の摂りすぎが心配です。牛丼、ハンバーガー、ラーメンなどは塩分が多いです。ラーメンの汁まで残さずに食べていると塩分を過剰に摂取することになります。

脂肪過多、野菜不足、塩分過多に気をつけなくちゃと思っても、どうしても外食になってしまって難しいですよね。脂肪過多などにならないように私が気をつけていることは、野菜メニューが豊富なお店を選ぶことです。

野菜メニューが豊富なお店なら野菜不足を解消できます。そして、野菜メニューが豊富なお店はヘルシーなメニューが多いので、脂肪や塩分の過剰摂取を防ぐことができます。

最近は健康に気をつける人が増えているので、野菜メニューが豊富なお店が増えています。いろいろと探すのも面白いですよ。私は口コミサイトを参考にお店を探しています。

口コミサイトは料理やお店の写真を見れるので雰囲気がわかるところが気に入っています。食事の好みは人それぞれだけれど、実際に食べた人の感想を聞けるところもよいですね。悪い口コミが多いお店は避けるようにしています。

コンビニ食になってしまうときは、お弁当ではなくて単品で選ぶことと、野菜をプラスことがおすすめです。幕の内弁当や鮭弁当などのお弁当は、ご飯が多くて野菜が少なく揚げ物が入っていて脂肪分が多いです。

でも、おにぎり、冷ややっこ、サラダといったように単品で選べば、ご飯の量を減らせて、揚げ物を避けることができ、野菜の量を増やすことができます。
お弁当は自分が嫌いなものが入っていることがあるけれど、単品なら好きなものだけ選べるところもメリットです。

ただ、菓子パンはやめましょう。菓子パンは糖質やトランス脂肪酸が多く含まれています。パンよりもご飯がおすすめです。

フォローする